MApps Panel

消費者パネルも提供しています

当社の調査パネルは、国内の厳選されたマーケティング系Webサイトから
当社専用に収集した大規模かつ高品質な一般消費者群です。
当社の徹底されたパネル品質管理スキームにより管理された市場調査専用の調査パネルです。

MApps Panel

総数:1,000,754

2014年7月現在

実質回答率35%超の高品質パネル!

  男性 女性 合計
15歳未満 5% 5% 5%
15〜19歳 10% 15% 13%
20〜29歳 20% 25% 22%
30〜39歳 35% 35% 35%
40〜49歳 45% 45% 45%
50〜59歳 55% 50% 52%
60〜69歳 65% 60% 62%
合計 35% 35% 35%

※配信48h経過後の回答率

1.MApps Panel について

1.100万人の大規模パネル

10万件以上の大規模会員を有する国内マーケティング系Webサイトと連携し、当社で一元管理した大規模な消費者パネルです。

2.回答率35%の高レスポンス率、協力に好意的なアクティブパネル

アンケート配信後48時間程度で回答率が約35%に達する、アンケートに協力的なパネルです。下記、他web調査会社の回答率です。

A社:17%(パネル数:145万人、最大回収数:25万人)
B社:5%(パネル数:430万人、最大回収数:20万人)
※上記は各社のHPに記載されているデータを基にしており、現在の数値を正確に反映しているものではありません。

3.パネルの入れ替え

アフィリエイトサイトの利用や雑誌での公募で、常時パネルを募集しています。また、パネル管理・パネル自身による退会により、下記の比率でパネルが入れ替わっています。

≪パネルの入れ替え率≫
2010年4月5日〜2011年4月4日時点までの実績から算出
新規登録会員数:当月の全数に対し、4%〜5%程度
退会者/不正回答者数:当月の全数に対し、3%〜3.4%

2.有効パネルの定義とパネル募集・構築方法

1.有効パネルの定義

当社では下記に条件に該当するパネルをアンケートパネルから排除しています。

  • アンケート依頼のEメールアドレスが無効の人
  • 重複登録の人
  • 1年以上アンケートに回答していない人
  • その他の理由で当社が調査モニターとして不適切と判断した人

2.MApps Panel の募集・構築方法

10万件以上の大規模会員を有する複数のマーケティング系webサイトとの連携により、特定サイトや特定広告からの募集に偏らない大規模パネルの構築を心がけています。当社パネル構築時の流れは次の通り。

MApps Panel
総数:1,000,754
2014年7年現在

3.パネル管理方法

1.登録情報の更新

登録情報の更新は次の通りで、登録後パネルの属性情報が変化した場合でも適宜更新されます。

・定期更新 毎年1回4〜5月に全パネルを対象とした属性情報の強制更新を実施
(パネルは更新をしない限り、調査に参加出来ない)
・随時更新 パネル自身により属性情報の更新が可能
・全数調査 年2回実施している全数調査により最新のパネル情報を管理

2.フラグ管理

いい加減な回答や不正回答、またはアクティブ性などと合わせてパネルにフラグを付け、フラグが付いたパネルにはアンケート配信の対象から外れます。

・いい加減な回答 日常のアンケートでFA記述内容が無意味な文字列や記号の羅列で回答した人や、GI・CLT参加アンケートで虚偽の回答をした人などを指します。
・アクティブ性 回答協力率を指します。具体的には、1年間に1回もアンケートを回答しなかった人をフラグ付けしています。

3.謝礼付与

パネルがアンケート回答に協力し、回答が有効票と判別した場合には、JMRA推奨に従って、回答者全員に謝礼をポイントで付与しています。

  • SC調査、本調査の両方で謝礼を全付け
  • 設問量に応じて付与する謝礼に傾斜をつける
  • 金券/現金への換金が可能なポイントを付与する

4.パネルについての研究

当社では、インターネット調査に関する課題について広く研究する部署(次世代調査研究所)を設け、パネルの特性や回答傾向、品質の管理について日々研究を行っています。※一部研究結果はアペンディクスをご参照ください。

4.パネルの不正登録・不正回答

1.重複登録排除

登録情報の更新は次の通りで、登録後パネルの属性情報が変化した場合でも適宜更新されます。

  • 当社独自の登録者評価基準(未成年の排除、Eメールアドレス確認)による登録内容不正者の排除を行っています。
  • 弊社独自の理論(基本属性情報による理論上の個人特定)を用いた重複登録・重複回答防止、およびCookie/IPアドレスによるパネル評価・重複管理チェックシステムにより重複登録を排除しています。

2.不正回答者の対応

日々の実査業務の中で、不正回答チェックおよび排除を実施しています。不正回答者のチェック基準は下記の通り。

  • FA内容チェック : FAの記述内容がいい加減な回答 (いい加減とは無意味な文字列や記号の羅列のことを指す)
  • 回答時間 : 設問数からみて、異常に回答時間が短いもの
  • 数量そのものを回答させたときの異常値 (例)年収1000億円など
  • MA(複数回答)項目のチェック数が異常に多いもの (例)1週間に50ブランドのアイスを食べたなど
  • 設問間の回答不整合 (例)世帯年収が個人年収を下回るなど

5.個人情報およびプライバシー保護方針

当社は、自らの事業内容及び規模を考慮し、個人情報保護方針を定め、 JIS Q 15001:2006(以下、JIS Q 15001)に合致した当社のマネジメントシステムに従って個人情報を適切に取り扱っています。また、弊社の運用サイトでは個人情報に関するページでSSL暗号化通信を採用しておりセキュリティ保護を行っています。