組織のマネジメント~チームとして動くには~

リサーチプラットフォームシステム部
取締役

Akira.M

仕事=遊び

私にとって仕事とは遊びです。
好きなことをやってお金がもらえるなら最高、と思い学生時代にプログラマーのバイトを始めてその延長で起業しました。
好きなことを仕事にしていたので、子供が次々に新しい遊びを始めるように、新しい事業を開発していきたいと思っていました。
一時期は起業した会社でリサーチシステムを手掛けていたことから、同業界のマーケティングアプリケーションズ(以下MApps)の存在はかなり前から知っていました。
ある時、共通の友人経営者の引き合わせで萩野社長を紹介され、仕事を一緒にさせていただくようになったのが3年前です。
そのような縁から話はさらに進み、今年になって、私の会社のMAppsグループへの参入と私自身のMApps入社を決めました。
私と古くからの仲間であるエンジニアたちのリサーチシステムについての経験が、MAppsが抱えている課題の解決と更なるプロダクトの発展に貢献できると確信したからです。
MAppsは今まで自分で経営していた会社よりも規模が大きく、また中間管理職としても役割を担うのは初めての経験ですが、今まで通り遊びのように仕事を生み出していける社内環境、社風だと感じていて、日々やりがいを感じています。

一体感のあるチームを作りたい

MAppsのエンジニアは経験が豊かな人も多いですし、スキルの高い人もたくさんいます。
しかしながら自社開発したプロダクトが多いだけに、スピードのみを重視しようとすると個人の能力と情報だけに依存した部分最適化になりがちなのが課題の一つです。
1人1人「個としての成長」も大事にしてはいるのですが、チームで対処できればより良い解決策を生み出せると思っており、そのための組織作りやマインド醸成を重要して行きたいと思います。
また、MAppsでは組織図上はエンジニア職とビジネス職で事業部が分かれてはいますが、顧客に最高のプロダクト体験を届けるためには、ビジネス職のメンバーとも協力してプロダクト開発する必要があります。
エンジニア職とビジネス職のメンバー同士を繋ぐ役割も担い、組織としてワンチームにすることが今の私の目標です。自身が起業した頃はエンジニアとセールスの両方を経験しているので、その経験を活かしチームを成長させていきたいと思います。

MAppsへの入社を考えている方へのメッセージ

MAppsのサービスは長年に渡り多くの顧客に貢献して実績を積んできた素晴らしいシステムですが、長年の成功を収めたシステムの宿命としてレガシーの問題も抱えています。
エンジニアの中には古いシステムを触るのは嫌だ、自分のスキルアップのために新しい技術を身に着け新しいシステムを開発したい、と考える方もいると思います。
しかし、そんなレガシーシステムを刷新していくプロジェクトにも遊びの視点を取り入れ、面白いプロジェクトを作り上げることも可能ですし、そういう風に前向きに仕事を生み出していける人ならMAppsで活躍できると思います。
やりたいことは声を上げればできる環境は整っているので、そういう前向きな発想の方はぜひ私と一緒に新しい遊びを生み出してくれると嬉しいです。